スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックメーカの投資詐欺パート2



ブックメーカーについて投資詐欺が多いのは事実です。

基本的には、ブックメーカー自体は金商法の関係で
人に任せて運用などするのは違法です。

なので自分でしましょう…。。。

ということで先日もこの方法を御案内させて頂いたのですが、
色々質問を頂いたのでこちらで再度回答させて頂きます。

今すぐ確認したい方はこちらをどうぞ。

⇒勝率100%を出し続けている投資法・100万円/月越え続出中

既に上記ページを読まれていると仮定して話を進めさせて頂きます。


まず、大事なのは稼ぎたい額を決める事。

これは非常に大事です。


うやむやな感じで何も決めずに行き当たりばったり…
これは一番ダメな方法です。

例えばですが、自分でブックメーカーを行なっている間は
詐欺にあったりすることはないかと思いますが、
手元の資金を倍にしたらやめる。

ということを決めておかないとどんどんブックメーカーに
心を奪われてしまいます。

私自身がそうでしたので。。

そして金額を決めたらそれまでやり続ける。
のが大事です。

まぁ、このページを見ている方は、
ブックメーカーが詐欺なのではないのか?

ブックメーカーって本当に大丈夫なの?

と思っている方が多いと思います。

一言で言えば、ブックメーカーはヨーロッパで長年の歴史がある
賭け事なので、安心です。

日本でTOTOや宝くじと同様だと思って頂けたらイメージしやすいかと思います。

自分でやっていれば詐欺とは無縁のブックメーカーです。

最初は片手間で…というのは難しいかとは思いますが
まずはぜひ初めてみてください!

何事も経験だと思いますので!!

⇒『 BookMakerPro2012 』ブックメーカー・プロ2012


スポンサーサイト

アブラハムのDVDを買ってみた


前々からアブラハムという投資業者のDVDが気になっていたので買ってみました。

img01.jpg


サイトもちゃんとしていて、
信頼のある業者かなぁ…と思って半分冗談で買ったのですが、


DVDの内容を見てみて…
かなり衝撃を受けました。。


見た目は非常に豪華な感じで作られてあったのですが、
中身が…。。。

DVDの内容がひどかったです。

中身は一般書籍を2、3冊程度も読めば十分な内容で、
DVDで流れるスライドはパワーポイントなどで作った簡単な作り。


これで49,800円はかなり辛いところ。。


買った後からファンドはどうですか~?
みたいな電話がひっきりなしに掛かってきてかなり面倒です。。


インターネットからの集客コンセプトは良いのに、
なんだか惜しいなぁ…と思いました。


保険は詐欺商品がほとんど!?


保険詐欺。
保険偽装。
保険…。。


などよく耳にする保険。


保険については、色々な情報が飛び交っており、
何が正しい状況なのか…?


不安に思いつつ…
契約する人が多いですが。。


日本の保険は、「99%が外れる宝くじ」です。



例えば、30代の方が生命保険に入っても、
保険金がもらえる確率は1%。


30歳の男性が40歳までに亡くなる確率は1%と言われています。


だからといって、保険に入らなければ…
もしこの1%になった場合、大変なことになる可能性もあります。



なので、オススメなのが…
海外ファンド。


生命保険付きの海外ファンドですね。。



ただ…最近法律がさらに厳しくなり…
生命保険付きの商品は日本人は購入出来なくなりました。


それでは…どうすればいいのか?



という話になるのですが…
ここで、登場したのが…●●です。



こちらについては、また後日お話させて頂きますね!!

1000万円 資産運用


1000万円あったらどんな資産運用をすれば良いですか?


会社に勤めて約10年。

年齢は30~40代の人からよくこんな質問を頂きます。


確かに、1000万円あれば、色々な資産運用が出来ます。


まず初めに決めなければいけないことは、
何歳までにいくらの金額に増やしたいか?

ということです。



目標もなく、ただ単に1000万円の資産運用がしたい。



という人も多いのが現状です。



例えば、年金が少なそうなので、65歳までに1億円貯めたいのでなんとか
ならないでしょうか?


こういう場合だと、オフショアの積立に回せば年利10~20%は簡単に出ますので
オフショアをオススメします。


オフショアの積立投資も何度もこちらには書いたのですが、
フレンズプロビデント、ハンサード…など色々選択肢はあるので、
ぜひチェックしてみて下さい。


ただ…積立となると、1000万円も不要なので…
その他は、やはり海外の不動産投資、金の積立をオススメ致します。


内訳としては、


600万円:海外不動産投資(銀行からの融資にて購入のため)
100万円:金の積立(毎月支払い必要有り)
100万円:海外オフショアファンド(毎月支払い必要有り)


残りの200万円は何があるか分からないので、
とりあえずHSBCにでも入れておくのが良いかと思います。


最終的には、オフショアファンドから出た利益を
海外不動産のローン支払いに当てたり…

すると…
これだけでどんどん資産が膨らんでいきます。



ぜひ色々試してみて下さいね。













ラオスの証券ついにオープン!!


ラオスの証券所がついにオープンしました!

ラオスの証券所ってどうなの?

っていうのが実際の感想だとは思いますが…

IPOについても微妙のようで…
かなりひっそりとしたオープンでした。

しかし、…
もうすでに300人以上の日本人が口座開設したようです。。

やはり…
一番注目すべきは、カンボジア証券でしょう。

カンボジアはベトナム以上に伸びる可能性も…。。

と言われています。

究極の投資はやはりブラジル投資!?



こんにちは、小林です。
今中国にいますが、
街の雰囲気、そしてパワーみなぎる中国人達を見ているだけでもまだ成長する。。
って感じます。

世界経済の動きはやはり今は中国が引っ張っている感じがしますね。


アメリカも貿易では赤字が出てきてしまい、ついにオバマ大統領までが
為替に意見するようになっています。

さて、元はいつ切り上がるのか非常に楽しみですね。


娯楽系のゆとりを生み出すビジネスよりかは、今後はやはり必要不可欠なものが必ず伸びてきます。
石油もそうですが、今世界の石油業界に異変が起きようとしています。

新興国のオイルメジャーの誕生です。
新興国の石油資本7社は以下の通りです。

ペトロブラス (ブラジル)
ペトロチャイナ(中国)
サウジアラムコ(サウジアラビア)
ペトロナス (マレーシア)
ガスプロム (ロシア)
イラン国営石油(イラン)
ベネズエラ国営石油(ベネズエラ)

よくよく見てみると…これらの国。
今伸びている国ばかりです。。


ということは…
上記の株を持っているだけでもかなり資産を膨らます事が出来るのでは…?

とも思いますね。



追伸:友人からかなり参考になる集客方法のイーブック教えてもらいました。
   期間限定なので、皆さんもぜひ一度読んでみて下さい。
   
   『アクセスアップレポート2010』はこちら!



追伸2:最近中国が金を買っています。。
    何が起こるのでしょうかね。私も真似て金を追加購入しています笑

各種最新レポート。


カンボジアへの投資。今後高まってくるでしょうね。

カンボジアへのまとめレポートの資料もらいました。

ほしい方は、下記よりどうぞ。

カンボジアレポート



それと…

参考までにですが・・

スタンダード&プアーズ

11月の世界市場パフォーマンスレポート

http://www2.standardandpoors.com/spf/pdf/index/Index_WBN_20091201.pdf


日本…本当に低いですね。。

中国、為替レートの安定維持を強調



第5回中欧工商サミットが11月30日、江蘇省南京市で開かれ、温家宝・総理が講演を行った。
内容は次の通り。国際金融報が伝えた。

今年は新世紀に入って以来中国の経済社会の発展にとって最も困難な一年であった。
また逆境に悠然と対応し、苦難を克服し、試練に立ち向かった一年でもあった。
世界金融危機の大打撃によって中国の外需は大幅に萎縮する一方で生産過剰となる悪循環が突出し、
企業が経営難に陥り、失業者が増え、経済成長が著しく低下した。中国政府は内需拡大や経済の
比較的速い安定成長を促進する10項目の措置をすぐさま打ち出し、積極的な財政政策と適度な通貨緩和政策を
断固として実行、世界金融危機に対応する一連の計画を全面的に実施するとともに常に改善を加え、
比較的短期間で経済の下降に歯止めをかけた。今年の1月-9月、中国の国内総生産(GDP)成長率は7.7%だった。

中国は世界各国との経済・貿易協力を積極的に進め、製品の輸入や対外投資、対外支援の拡大のほか、
政府のマクロ経済政策との協調強化や国際的な経済・貿易と金融システム改革を推進し、
世界経済の回復に尽力している。

人民元為替レート問題について、一部の国は人民元の切り上げを求める一方、中国に対し名目ばかりの
貿易保護主義をとっている。これは公平を欠き、実際には中国の発展を制限するものだ。

長年、米国と欧州連盟(EU)は人民元の切り上げを求めていたが、こういった声は金融危機が
世界を襲ってからさらに激しくなった。歴史に稀に見る世界金融危機にありながら、人民元レートは
基本的に安定を維持し、中国経済の発展や世界経済の回復に有利に働いた。中国は主体的かつ
調整可能で漸進的な原則に基づき、人民元レートのメカニズムを形成し、合理的でバランスの取れた水準で
人民元の基本的な安定を保持していく。

これについて中国商務部の陳徳銘部長も同日ジュネーブで開かれた中国・スイス自由貿易エリア共同
フィージビリティースタディ起動式に出席した際、中国は独自の為替レート改革の方向を堅持するとし、
現在の情勢下で人民元レートの基本的な安定を維持するのが非常に重要であり、世界経済の回復にも
有利になるとの中国当局の見方を示した。中国の為替レート改革は非常に順調に進められており、
2005年以降、人民元の対ドルレートはすでに約20%引き上げられた。

昨年の中国の貿易黒字は約2900億ドルにのぼったが、今年は1000億ドル以上減少する見通しだ。
中国の輸出も大幅に減少したが、輸入はさほど減っていない。このことは中国の為替レートが世界経済の安定に
重大な貢献を果たしていることを示している。

陳部長はさらに、各方面に世界の主要準備通貨高の安定を維持するよう呼びかけた。
世界の主要貯蓄通貨は現在値下がりを続け、世界経済に多大な困難をもたらしている。
こうした困難を他の国に転嫁するのは明らかに理不尽なことである。


中国のこうした姿勢いつまで続くのか??

まぁ、もって来年ぐらいまででしょうね。

これだけ先進国から圧力を掛けられ、ずっとこのまま。。というわけにはいかないので。

CDM事業動き出しています。


===============================================================
丸紅、中国・アモイで排出枠取得事業

 【上海=下原口徹】丸紅は二酸化炭素(CO2)など温暖化ガス排出量が世界最大の中国で温暖化ガスの排出枠取得事業を拡大する。

アモイ市(福建省)に中国企業と合弁会社を設立、12月からCO2換算で年間約10万トンの排出量を生み出すクリーン開発メカニズム(CDM)事業を始める。

2012年までに1億トンの排出量を調達する計画だ。

 合弁会社の資本金は1450万元(約1億8200万円)で丸紅は14%出資した。

ごみ埋め立て場から回収したメタンガスで来月から発電能力2メガ(メガは100万)ワットの発電施設をつくり、生み出した電気の全量をアモイ市の電業局へ販売。

これにより、丸紅はCO2換算で年間約10万トンの排出量を獲得する。

=============================================================

排出権どこも動き出していますね。

住宅バブル
ITバブル

そして次に来るのが、環境バブルです。

これは、早ければ来年。
遅くても、2,3年後には環境バブルは動きだします。

今関東では、ジャトロファと呼ばれるフィリピンでの環境事業で資金を募集なんてのもありますが、一部の方は本物ですが、それに紛れて詐欺もあるので要注意です。


日本は京都議定書で「08~12年度で90年度比6%削減」を義務づけられてしまった。

政府は、6%のうち1・6%相当分(約1億90万トン)を京都メカニズムで賄う。。

すでに約9600万トンを取得しているようです。

約75%の7150万トンは先進国間で売買する排出量取引が占め、すべて東欧諸国から得ている。


このCDM事業を行っている企業の株を買っておけばほぼ間違いないですね。

最近の記事
プロフィール

小林拓也

Author:小林拓也
1980年生まれ。大学生の頃から投資を始め今までに様々な投資を経験。現在はオフショアへ投資することにより、ハイリターンを実現している。サラリーマンでも、誰でもお金を増やせる方法を日々実践しながら確立している。

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。