スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リビエラ 珠海の高級物件がなんと150万円から!?


珠海の高級物件リビエラがついに売り出し決定!

で、早速すでに43件の申し込みがありました。。

毎日2~3戸ペースで売れているため、残りも数少なくなってきました。

今回限定500個のみの売り出しとなっております。

という情報を最近デベロッパーから聞き、銀行から融資を取り付ける事に成功。
しかし、これ融資の関係から一人一物件のみの購入しかできないとのこと。。
もっと買いたいのですが、仕方がありません。。

日本の不動産屋もこの情報は入手しておりません。

リベリアに関するサイトを見つけたので、今回参考としてURL記入します。

リビエラに関するサイト→http://charlietaka.com/flash/

実際に現地に行って見てきたのですが、かなり奇麗な物件でした。
やっぱり中国は面白い物件がたくさんありますね!


スポンサーサイト

中国の動き


先日中国銀行の口座開設をしてきました。
こちら日本と同様で簡単です。
20分もあれば出来ました。
持ち物はと言えば…パスポートのみ。

これで定期預金は10%というとてつもない金利。
さらに来年には、元の切り上げが見込まれており、今がチャンスですかね。

最近は特に中国に注目しております。
特にこれといった面白い記事はなかったのですが、
今回は2つほど。

①中国がぜいたく品の消費額において世界一の消費国に!?
1人当りの平均収入が米国の14分の1にもならない中国が、ぜいたく品の消費額において米国を上回り、1-2年内には日本をも抜き、世界一の消費国になる可能性が出てきているようだ。この最新の消息は中国社会の発展の複雑な現状を反映しており、中国の中での動きが少し変化してきたところにもあるようだ。

②中国、米国債保有高を再び増加
これははっきりいってよく分かりません。。中国は政策もよく変わるので、政治のトップの意見も
アメリカからの圧力か何かしらの影響で買い戻したのか?
まぁ、でも今米国債を大量に持っているのは、日本と中国ぐらいでしょうね。
日本はアメリカに逆らえないから、手放さないだろうし…
(以前に日本の首相が、米国債を手放すと発言したところ、すぐに解任された)
中国は今後どう動くのか、これによって世界の流れもかなり変わってくるだろうと思います。

経済復興は中国から始まる!


世界金融危機が起こり、世界の経済が落ち込み世界各地では
倒産・リストラが相次いでいます。
アメリカは元々世界の銀行とも言われていたのですが、
昨年からは勢いもなくして稀に見るドル安へと進んでおります。
投資家の間では、アメリカの国家破産説や円ドル相場が一時80円台
にもなるという論議がなされています。
私自身も日本はこの後、何かしらの画期的な政策を打ち出さねば
間違いなく沈んでいくと考えております。
では、今後どこに目を向けていけばよいのか?

やはり中国だと感じます。
みんな明るい未来を思い浮かべて目が輝いています。
マカオまで毎日国境を越えてまで働きに来る人もいます。
日本の高度成長時代のような雰囲気を感じます。

最近中国がこれから盛り上がるであろうニュースを少しピックアップしました。

☆☆☆中国ニュース☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.中国の妊婦・乳幼児市場、2015年には1兆元市場に
120万人を超えるオリンピックベイビーが生まれた昨年に続き、広東省の新生児は今年、史上最高の125万に達する見込み。広東省の乳幼児用品の消費額は毎月70億元以上、年間860億元余りにのぼる。

2.中国で急成長するネット販売 新たなビジネス文化形成
中国のネット販売者は09年上半期までに6300万店に達し、社会的な影響力を強めている。統計によると、08年9月以来、一日に新たにオープンするネットショップは5千店に達している

3.8月の経済指標が発表 中国経済は上昇傾向を継続
8月の主要経済指標のデータが発表された。工業生産・固定資産投資・消費・工業製品出荷価格などのデータはいずれも昨年よりいくらか改善し、前月比でも加速・好転が見られた。中国経済は全面的に上昇している。

4.中国の外貨準備高、2兆1千億ドルを突破
中国の外貨準備高が今年6月末までに2兆1千億ドルを突破!
つまり、200兆ものお金があるのです。。
これを今後内需拡大に使っていく。
そういう方向で向かっているようです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

いかがでしたでしょうか?
中国の威力。
これからどんどん増していくような感じがします。
今後は中国に的を絞って情報を提供していきたいと思いますね。



中国の回復の早さ


やはり中国が今良いですね。
回復が早いです。
上海・深センの株式市場、時価総額合計で世界3位に。。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0831&f=business_0831_029.shtml


今マカオにいても隣に珠海という中国があるので、
日々感じます。

珠海に行く度に、街の雰囲気、そして中国人の目。
真剣その物です。
日本が失ってしまった生きる力。
そういったものを肌で感じます。

日本のぬるま湯から飛び出て一度中国を感じに行ってみてください。

今後の経済の動き パート② 中国、アメリカ、日本の関係


昨日書いたように、

今後波がやってきます。

中国はそれに向けて今金を大量に購入しています。

中国の外貨準備高は1兆9537ドルで世界第一位。
2位の日本は1兆185憶ドルでかなりの大差をつけられています。

この巨額の外貨準備高を背景に数年前から金市場では、
「中国は近い将来、金保有高を6000トンから数千トンレベルまで引き上げる」との憶測が流れていた。

ちなみに外貨準備高におかる保有金の割合は平均で10%前後。
中国はこれまでに1%前後とかなり低かった。

そして、2009年4月24日、中国国家外為管理局は
同国の金の保有高が600トンから454トン増加の1054トンとなった

と発表。

これすごいですね。
大量に金を購入しています。

それと、ちょっとしたデーターを見て頂きたい。
過去における金の生産量を以下に示す。

t

見て頂けるように、中国は第4位。
しかし、2008年南アフリカを抜いて第1位に。。

すさまじい勢いです。
2008年における金投資需要は前年の18トンから61トンにまで急増しており、今後金の値段は上昇していく模様です。

日本でも金投資が三菱マテリアル田中貴金属で始められます。
毎月3000円から出来るので、ご購入されてはいかがでしょうか?

ちなみに私は毎月、金及びプラチナを10000円ずつ購入しております。


※外貨準備高とは…保持している外貨の量の事

今後の経済の動き パート① 中国、アメリカ、日本の関係


今回は世界の動きについてちょっと書きます。


アメリカ国債の発行残高はこの3月末で11兆1269億ドルだが、実際に
市場に出ているのは6兆3417億ドルで、このうち最大の投資国
である中国が16%強を保有している。

ところが北京では、ドルや米国債が暴落すれば中国は巨額の国富
を喪失するのではないか、として米国債購入継続への反対論が強
くなってきています。

中国の外貨準備は2兆ドルに上り、このうち7割がドル資産である。

もし、ドルやアメリカ国債が暴落すれば中国もかなり落ち込んでしまいます。

データを見ても中国は昨年9月の「リーマン・ショック」後、米国債購入にためらいがちです。

アメリカは今本当にお金がなくなってきている。
アメリカが今後取らなければいけない手段としては、
①中国にお願いして、米国債を購入してもらう。日本に命令して、米国債を買わせる
②FRBが米国債を買う(つまり増刷する)

②は現在もされているようで、インフレになるのはもうほぼ決定ですね。
そうなると、影響はアメリカだけにとどまらずに日本にもやってきます。
日本がインフレになると、借金している人はみんな大喜び。
特に日本はすごい喜ぶでしょうね。

あれだけの借金が帳消しみたいになっちゃうんですから。
だけど、それによって苦しむ人は多く出てくる。

さぁ、一体どうしたものか?

現在、アメリカは「中国からの資金なしで存在できない」状況になりつつあります。

この波がやってきたらどうやって乗り越えますか?

深セン投資


深セン投資。
この言葉は聞いたことがあるだろうか。
アメリカの一部の投資家の中では、深セン投資が今注目されているようだ。

2007年にも、世界最大規模IT関連メディア―米国国際データグループ(IDG)の理事長兼創始者のパトリック J. マクガバーン氏は「IDG社はすでに深センの15社に投資し、年間平均収益率80%に及び、中国の他地域の倍の収益率を獲得し、深センの将来に自信がある」との発言を示している。

では、下記に深センの場所は…
香港の上部にあります。

gg

■深センの場所:中華人民共和国広東省に位置する副省級市
■香港の新界と接し、経済特区に指定されている。
■中国国内にて所得第3位。香港(23,125 ドル)・マカオに次いで深セン。
■物価は安く、マッサージも時間20~40元(280円~560円)
■家賃は…と言うと、安いのはたくさんあるのですが、
       3000元以上の物件でないと日本人は満足しない気がします。
■投資としては
①香港からも近く、物価も安い(利便性が良い)
②治安も悪くなく、落ち着いている。
③土地の値段もそんなに高くはないので、今が狙い目かと思います。

<関連記事>
珠海での不動産投資は今がアツい!!

中国株投資の強化を計る! バフェット氏が…。。


中国株投資の強化を計る! バフェット氏が…。。


バフェット氏は今後中国株にどんどん力を入れていくそうだ。
今年1月にも中国株投資でBYD株利益が約180億円と巨額の利益をたたき出した。

今月に入って、さらに中国に対して強気な発言が。。
詳細は以下の記事をご覧下さい。


searchinaより引用

 5月2日にネブラスカ州オマハで開催されたバークシャー・ハサウェイ社の株主総会の、時系列で実際の動きや質疑応答の様子、関係者の発言をまとめた「実録」が中国のファイナンス情報サイト和訊などを中心に公開されている。その中で、同社のCEO(最高経営責任者)で米著名投資家のウォーレン・バフェット氏は、「バークシャー・ハサウェイ社は今後中国での投資活動を強化していく」と明言している。

  「しかし現在はまったく状況が変化している」と指摘。「現在、まだ政策的な制限があるものの、バークシャー・ハサウェイ社は中国に対する投資を強化していく。中国は現在まさに巨大な市場に成長し始めているところであり、誰もそれを軽視することはできない」とした。

  この「実録」では、バフェット氏の片腕として知られるチャールズ・トーマス・マンガー氏も、「中国は世界で最もよい金融システムの一つを持っている」と絶賛。「中国の現在の実力はまだまだ世界レベルではないが、安定した堅固な金融システムを確立していることは中国にとって非常に重要だ」とした。

これは良い意味でまた中国株市場が動き出しそうですね。
中国の不動産投資も今や回復傾向に向かいつつあるし、今から中国の元も強くなると思います。
中国元での投資。。

中国に旅行に行くついでに中国銀行口座開設なども面白いかもしれません。

最近の記事
プロフィール

小林拓也

Author:小林拓也
1980年生まれ。大学生の頃から投資を始め今までに様々な投資を経験。現在はオフショアへ投資することにより、ハイリターンを実現している。サラリーマンでも、誰でもお金を増やせる方法を日々実践しながら確立している。

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。