スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000万円の資産運用で失敗


1000万円の資産運用で失敗し、自分の人生を大きく狂わせる人がいる。

貯金が1000万円と言えば、多くの人が目指す場所。

が…しかし、1000万円を貯める事が目的であって、
1000万円の資産運用方法を考えていなかった為に…
その後…。。


という人が今増えています。


1000万円貯めるのは良いのですが、
その後の目的、目標がなければ、1000万円たとえ貯めたとしても失敗します。


まず1000万円貯めたら考える事。


どこの投資するのか?

そして、そのお金がすべてなくなってしまった時の事を考える必要があります。


ここで、そのお金をすべてなくしたらもう終わりだ。

という人は半分の500万円は安全に貯金してください。


日本の銀行に預けても本当に少しの利息しかもらえないので、
今なら、中国銀行で預けるのをオススメします。
(日本の中国銀行ではなく、中国にある中国銀行です)


中国銀行なら5年で5.25%の金利。
つまり、500万円預けたとしたら、
5年後には約645万円。

これだけではなく、元が切り上がれば
さらに大きなお金を手にすることができます。


さて、残りの500万円。

これは積極的運用で問題ないかと思います。


100万円⇒金
100万円⇒株
残り300万円は資源を買ってください。


次回、私自身のポートフォリオもこちらで公開させて頂きますね!!


スポンサーサイト

いつまでも勝ち残るアイデアを出し続ける方法


今、何もしてないフリーター人。
今、サラリーマンの人。
今、社長の人。

さて、彼らは一体何が違うのか?


これには、本当に様々な理由があるのですが、
その中でも一番違っている部分。


それが、思考の力。


思考で人生が変わる。



この事はこちらのブログでも何度か書きましたが、
投資においても、どういう投資手法が良いのか?



また、どういう風に日々過ごして考えれば良いのか?


これは正解はありません。


人それぞれ考え方が違い、

これが「うまくいくパターン。」


というのは、なかなか甲乙を付けがたいところです。



ただ…こういう人の意見は参考に出来るというのはあるかと思います。

今で言えば、

ホリエモン
ビルゲイツ
スティーブジョブス

などなど。



そんな中、最近注目されている人が、この人。


お金をかけずに雑誌にPRを掲載し、一気に会社を有名にする方法
3年で年商を40倍にした男としても知られる人です。


知っているは多いのでは…と思いますが、
そんな彼の思考法。


頭の中を覗いてみませんか?


というものです。



参考にするのも良いかと思いますし、
それをそのままパクるのも良いかと思います。


⇒彼の頭の中を見てみる



特に、3分あたりから良い話をしています。
ぜひ聞いてみて下さい。





ブックメーカーの仕組みを徹底公開。





ブックメーカの記事を先日書いたのですが、
たくさんのメールを頂いたので、
ブックメーカーについて本日は少しご説明します。


日本ではようやく最近になって知られてきましたが、
海外ではブックメーカーは非常に有名です。


海外でバーなどに行ったらあちらこちらでブックメーカーをしている人を見かけます。
(だから外国人はスポーツが大好きなんでしょうね。)


ブックメーカーは実は、多くの人が知りませんが
英国政府公認の許認可事業です。


ヨーロッパを中心に広がっている世界的に大きな産業で、
有名なところですと、ヒルトン100%出資の子会社
「Ladvrokes(ラドブロークス)」などがあります。

ちょっとイメージがわかないかも知れませんが、
日本で言うところの、「toto」をイメージ
してもらえればわかりやすいと思います。


なので、よく、セールスレターなどにも、
「英国政府認定」の文字を見かけます。


こちらにもやはり書かれています。
http://algorithm-lab.net/profitking/it/


なので、大げさに、

「ブックメーカーが今アツい!!」
「ブックメーカーは稼げるよ!!」

と言われています。

が…

「間違った賭け方をしなければ」のお話です。



全世界にブックメーカー社は2000存在します。

賭けの対象となるスポーツ数100種類。
さらに、スポーツチームは10000チームにものぼり、
スポーツ競技種目にも試合内容が多数存在します。


なので、賭け方が重要です。


ブックメーカーを初めてみたらやり方は書いてありますので、
そちらでぜひ一度試してみてくださいね。


まずは何事も経験。が大事です。


ただ…ブックメーカーは自分でやるような物でもありません。


人に運用してもらう。
これが一番楽ですので、
色々とリサーチしてみて下さいね。



※ブックメーカーはアービトラージとほぼ同意語です。
※ブックメーカーで稼いだ利益に対しては、日本で税を納める義務があります。


まぁ…現状のところ、口座もネッテラーの海外口座ですし、
お金を日本に戻さなければ…なかなか追求するのも難しいかとは思いますが、ご注意下さいね。


ネッテラー口座に興味のある方はこちら
https://www.neteller.com/home/index.jsf


日本語対応しています。


変なマニュアルとか…売られていますが、
あんなのは買わなくても良いです。


こちらのサイトに詳しく書かれていますので。

http://www.onlinecasinofan.com/neteller.php





ブックメーカー投資には十分ご注意を。




ブックメーカーの利回りはおよそ月15%~20%です。

他社ではかなり大げさに、誇大表現しているところばかりですが、
現実的に考えるとこれが水準であり、目標レベルになります。



と囁かれ、多くの人が今この投資手法に夢中になっています。


さらには、

-----------------------

ほぼノーリスクで原資を毎月、

着実に増やし続ける方法

-----------------------

などなど…。。


私自身、ブックメーカーには投資していますが、
自分では運用はしていません。


プロのトレーダー2人に任せて、
運用してもらっています。


月の利回りで言えば…
実質は8%程度です。

月15%~20%の利回り。
これは…副業では無理ですね。

私自身もネッテラーに口座を作り、
今は各ブックメーカーに口座を…という事で40近い口座を保有しています。

なんとなく自分なりにペースを掴む事が出来れば負けることはなくなります。

今から始めたい!
という方はこちらなどは非常に勉強になりますので
ぜひご覧ください。


『 BookMakerPro2012 』ブックメーカー・プロ2012


私自身も基本はこちらで勉強しました。

インターネット上にも情報はあるのはあるのですが、
やはり細かいところまでは記載されていませので。。

特にネッテラーの口座開設には…
かなり時間が掛かりました。。


※ブックメーカーについては、年々その差益が小さくなってきています。
この先3年ぐらいは大丈夫かとは思いますが、
長年での運用には向いていないので注意が必要です。


ブックメーカーについては、まだ裏のテクニックなどもありますので、
こちらは後日書きたいと思います。

夏のボーナスをいかに使うか?ボーナスのお金を増やす方法





夏のボーナス。

毎年多くの方が楽しみにしています。


日本では、夏のボーナスと冬のボーナスがありますが、
皆さんはどっちのボーナスに期待していますか?


期待するのは良いのですが、
もらったお金をすぐに使う。


これだけはやめてください。


確かに、夏のボーナス時には色々な会社が皆さんのボーナスを狙って
あの手この手でそのお金を自分のところで使ってもらおうと必死です。


なので、夏のボーナス時に、お金を使うのはあまりオススメ出来ません。


一度は聞いた事がある言葉かもしれませんが、

「麦わら帽子は冬に買え」

この言葉。をきちんと理解するのが大切です。


今ほしいものをちょっと我慢して、
そのお金を増やす方法を考えてみて下さい。


多くの方は、お金の運用方法さえ知らず、一生を過ごす方もいます。
生涯年収が2億円だとして、

お金の運用方法を知っている人は約5億円。


一生で3億円もの差が出てしまいます。

お金を使う事よりもお金を増やす方法。



これはぜひ一度考えてみて下さいね!

生涯年収を増やす方法


生涯年収。

以前までは平均3億円。

と言われていましたが、今はどうだろう?

以前よりも下がっている気がしませんか?


その感覚は正しいのです。


先日の統計によると、今や生涯年収は一人当たり約2億円。

40年働いて2億円です。


これを高いと見ると、低いとみるかはあなた次第ですが、

これを40年で割ると、
年間500万円です。

つまり1ヶ月では41万6000円。


1日では13888円。


時給は約2000円。



さて、ここでよく考えてみて下さい。


時給2000円でいいのかどうか?



そのお金を増やすために投資ももちろん必要です。



しかし、それだけではなく、
もっと簡単に自分の力を上げる方法。


それが、文章で稼ぐ。



これは今後より求められる時代になるかと思います。


自分で稼ぐ知恵。


これの為の実践会。


そんな組織を今作ろうかとも考えています。



近いうちに発表出来るかと思いますので、ご期待ください!




追伸


これは勉強用として、オススメです。

稼ぐ力「コピーライティング」を極めたい方はどうぞ。

http://goo.gl/m0gDA





追伸2



カンボジア株。
なんだか少し遅れているようですね。。


先日委員会の人とあってきましたが、
初めてなので、右も左も分からず…
今がんばっているとのこと。



また詳しい事が分かりましたらこちらもご紹介させて頂きます。

モンゴルで富裕層が拡大!?



先日メールボックスを開けたらいつもの友人から1枚の写真が届いていた。

ん?どこの綺麗なルイヴィトンなんだろう…
そう…考えていた つかの間。

モンゴル富裕層


次はスカイプで連絡が来た。


友人:「写真見た?あれどこだと思う?」


私:「え…どっか行った旅行先では…?」


友人:「いや…あれは…実はモンゴルなんだ。。」


えええ。。


いつの間にモンゴルがこんな事に。。



私も知らなかった。

モンゴルは以前鉱山の投資をしたことがあるが、
いつの間にかこれほど発展していたとは…。。



調べてみると、モンゴルのウランバートルのようです。


----------------

首都ウランバートル(Ulan Bator)には、
「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」や「エンポリオ アルマーニ(Emporio Armani)」
「バーバリー(Burberry)」「ヒューゴ・ボス(Hugo Boss)」といった外資系高級ブランドの店舗が並ぶ。

モンゴル革命の指導者の銅像が建つスフバートル広場(Sukhbaatar Square)に面した新たなオフィスビル
「セントラル・タワー(Central Tower)」にも多くの高級ブランドが出店

。また、通りでは、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)やレクサス(Lexus)、
ランドローバー(Land Rovers)といった高級車を目にする。

-----------------------

恐るべしモンゴル。


しかし、その裏腹で…


平均月収は首都で約250ドル(約2万円)。最低の月間賃金はわずか115ドル(約9200円)


ということは貧富の差がかなり大きくなってきているということだ。


これは、やはり一番の原因は、不動産価格の上昇だろう。


中国と同じで、大した金額でもなかった物件がある日を境に、
びっくりするぐらいの資産に変わる。



中国でもそのような事が起こり、
富裕層が多く生まれた。




今や中国の不動産価格は日本やアメリカよりも高く
完璧におかしい状態になっている。



モンゴル人の平均給料が1万円にも満たないのに…
この差。



しばらくの間は良いかとは思うのですが、
ある日、急に値崩れ。


これはきちんと見ておいた方がいいですね。


実感で感じるおかしい部分。


これには必ず理由がありますし、そう長くは続きません。















バングラデシュの投資案件




バングラデシュの投資案件を先日聞いてきました。

これは香港のとある友人に誘われ行ったミーティングだったのですが、
バングラデシュの投資案件には非常に興味をそそられました。

バングラデシュといえば、世界的に見ても
貧困国で約90%以上の人は年間所得が10万円以下という国です。


しかし、バングラデシュに行くと分かるかと思いますが、
高級車がたくさん走っています。


日本車も多く、法律で5年以内の新車しか輸入してはいけない。

というルールもあるようです。


関税は200%ぐらいはあるはずなのですが。。


これを簡単に買ってしまう人。


がやはりいるようです。



バングラデシュにもウエステインホテルがあるのですが、
ここのホテルはいつも満室。


1泊数万円するのになぜか?


既に、大手の投資家や機関投資家がバングラデシュを狙っているからです。


先日の話では、ここバングラデシュの中心地にホテルを建設するから
投資として参加しないか?


という話でした。




少し面白そうなので、今自分自身の方でも資料を集めていますが、
またこちらについては後日情報をアップ出来るかと思いますので。



お待ちくださいね。







株式相場の動き 外国人が日本株を今買う理由とは?


株式相場の動きが今、早まっています。

それもそのはず、ここ最近、株式相場をずっと見ているのですが、
なぜか買っている人は、外国人ばかり。

もっと詳細データーを調べてみると、

「5月3週まで29週連続で買い越し、連続記録は過去最長を更新した。」

との事です。


これはどういうことかというと、やはり今の株価。
外国人から見てもかなり格安になっているということ。


もともと、日経平均株価は10000円ほどだったのだが、
気づけば9000円台後半で以前までよりは円安の動きになっている。


今、外国人が日本株を買っているといったが、
これは、投資ではなく、日本企業そのものの買収を企んでいる人もかなりいる。


中国なども…これに乗じて日本株、国債までをも買いに来ています。


日本の企業は元々、技術力が高いので、
そこを諸外国が狙っています。


あまり表には出てきていませんが、既に買収されてしまった企業もいくつもあり…
大変な事になってきています。


自分の働いていた企業が明日から外国人経営者に…
なんて日が突然来るのかもしれません。

商品投資をするなら、どこの国が一番魅力的なのか?


商品投資をするなら、どこの国が一番魅力的なのか?


商品投資を考えている人。
今年、商品投資をするなら、中国を投資先として考えてみて下さい。


毎年、アメリカの有名な会計事務所E&Yが魅力的な投資先を発表しているのですが、
今年も中国は1位。

次に有力な候補は西ヨーロッパでしたが、
西ヨーロッパはよく分からないので、ここではあまり言及しません。。


ちなみにこのデーターはどこからとっているかというと、
有名な投資家や経営者にどこの投資が良いですか?

って聞いているだけなので、
そこまで有効なデーターではないかと個人的には思っています。


ただ…中国の不動産価格はまだ上がり続けていますし、
今なら中国銀行に定期預金すれば5年定期で年利が5.5%。

この金利の良さであれば、毎週、週末になると香港人が中国に行き、
香港ドルから人民元に通貨を変えているといっても納得がいきます。



他にもオススメの商品投資。


それは、やはり金を持つこと。


これは何度も言っていますが、
歴史的に見ても金は今後絶対に上がります。


あとは…イスラム金融。

こちらの仕組みも非常に面白いと思いますね。



まずは出来ることから始めてみて下さいね。
最近の記事
プロフィール

小林拓也

Author:小林拓也
1980年生まれ。大学生の頃から投資を始め今までに様々な投資を経験。現在はオフショアへ投資することにより、ハイリターンを実現している。サラリーマンでも、誰でもお金を増やせる方法を日々実践しながら確立している。

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。