FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行の利息だけで生きている人


銀行の利息だけで生きている人。
これは昔はたくさんいました。

バブル時代を生き抜いた人なら誰しもが経験のある高利息の銀行貯金。

銀行に貯金さえしていれば老後は安泰。

当時は誰しもがそう思っていました。

しかし、バブル崩壊。

それでも…なお銀行は安全という神話を信じ、
未だに銀行に多くのお金を入れている人がたくさんいます。

郵便貯金の利息を調べてみると…

利率0.03(10万未満) 0.035%(10万以上)

もし仮に1000万を預けたとして、
年間利息は税金20%引かれたら、

2800円!?(3500x80%)

100万だったら280円。

50万だったら140円。

25万だったら70円。

となります。。


なんだか悲しくなりませんか?


それだけで済めばいいものを、
いつの間にか自分のお金を引き出すのにも時間外手数料と言っては
お金を盗られる時代です。

こういうのを計算したら実際の利息はいくらなんでしょうね。。


それとは対照的に海外であれば、
年間10%の利息がつくものはたくさんあります。

今、中国銀行の定期預金でも5年間預けた場合、
1年間あたりの利息は5.5%です。

1000万円預けると、年間55万円。

2000万円で…年間110万円。

3000万円で…年間165万円。

5000万円で…年間275万円。


とこのあたりまで行けば、
安い東南アジアに住んでいれば一生生きていくお金が出来ます。


つまり、日本という国にすまないという新しい選択が可能になります。

そういう人は実はいまアジアを中心にですが、
どんどん増えています。

タイやフィリピンでも年間10%の投資商品はたくさんあります。


今流行っているノマドワーカーではないですが、
アーリーリタイヤメント。

そういうのも楽しいかもしれません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
プロフィール

小林拓也

Author:小林拓也
1980年生まれ。大学生の頃から投資を始め今までに様々な投資を経験。現在はオフショアへ投資することにより、ハイリターンを実現している。サラリーマンでも、誰でもお金を増やせる方法を日々実践しながら確立している。

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。