スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランドバンキングって本当に儲かる?実際はどうなの?


ランドバンキング。

投資を少しでもした事のある方なら
少しはランドバンキングという言葉を聞いたことがあるかもしれない。

ランドバンキングとは…
簡単に言えば、


その土地が開発される前に、土地を押さえ(購入して)
周囲が開発された後にその土地を売却する手法です。

この手法であれば、
例えば、最近で言えば、タイで洪水があった時に、
その後、現地へ入り、洪水で浸水した場所を買う方法もあります。
(というか実際に買っている人もいました)

その他は、差し押さえされた土地や住宅などをまとめて更地にして
それを少しだけ寝かせた後に売却。

ということもおく行われています。

最近は、TSIインターナショナルなどが
「海外に渡航しなくても日本から直接買える」とネット上でも
よく見かけるようになりました。

ランドバンキングで詐欺もよくあるので、
こういうものは気をつけた方がいいです。

以前、私自身もスリランカでランドバンキングをしたのですが、
その際の土地の証書が見た目は本物だったのですが、
実は偽物だった…ということもあり…
あの時はかなり損をしました。。

今は騙されることもなくなりましたが、
楽して儲かるというのには十分注意してくださいね。

大体の投資額というのは約100万円ほどから始める事が出来るのですが、
長期的に見ないといけないのがこのランドバンキングです。

まぁ、今の日本円が高いうちに海外へ資産を分散。。
ということを考えれば良いかもしれません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
プロフィール

小林拓也

Author:小林拓也
1980年生まれ。大学生の頃から投資を始め今までに様々な投資を経験。現在はオフショアへ投資することにより、ハイリターンを実現している。サラリーマンでも、誰でもお金を増やせる方法を日々実践しながら確立している。

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。