スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済復興は中国から始まる!


世界金融危機が起こり、世界の経済が落ち込み世界各地では
倒産・リストラが相次いでいます。
アメリカは元々世界の銀行とも言われていたのですが、
昨年からは勢いもなくして稀に見るドル安へと進んでおります。
投資家の間では、アメリカの国家破産説や円ドル相場が一時80円台
にもなるという論議がなされています。
私自身も日本はこの後、何かしらの画期的な政策を打ち出さねば
間違いなく沈んでいくと考えております。
では、今後どこに目を向けていけばよいのか?

やはり中国だと感じます。
みんな明るい未来を思い浮かべて目が輝いています。
マカオまで毎日国境を越えてまで働きに来る人もいます。
日本の高度成長時代のような雰囲気を感じます。

最近中国がこれから盛り上がるであろうニュースを少しピックアップしました。

☆☆☆中国ニュース☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.中国の妊婦・乳幼児市場、2015年には1兆元市場に
120万人を超えるオリンピックベイビーが生まれた昨年に続き、広東省の新生児は今年、史上最高の125万に達する見込み。広東省の乳幼児用品の消費額は毎月70億元以上、年間860億元余りにのぼる。

2.中国で急成長するネット販売 新たなビジネス文化形成
中国のネット販売者は09年上半期までに6300万店に達し、社会的な影響力を強めている。統計によると、08年9月以来、一日に新たにオープンするネットショップは5千店に達している

3.8月の経済指標が発表 中国経済は上昇傾向を継続
8月の主要経済指標のデータが発表された。工業生産・固定資産投資・消費・工業製品出荷価格などのデータはいずれも昨年よりいくらか改善し、前月比でも加速・好転が見られた。中国経済は全面的に上昇している。

4.中国の外貨準備高、2兆1千億ドルを突破
中国の外貨準備高が今年6月末までに2兆1千億ドルを突破!
つまり、200兆ものお金があるのです。。
これを今後内需拡大に使っていく。
そういう方向で向かっているようです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

いかがでしたでしょうか?
中国の威力。
これからどんどん増していくような感じがします。
今後は中国に的を絞って情報を提供していきたいと思いますね。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
プロフィール

小林拓也

Author:小林拓也
1980年生まれ。大学生の頃から投資を始め今までに様々な投資を経験。現在はオフショアへ投資することにより、ハイリターンを実現している。サラリーマンでも、誰でもお金を増やせる方法を日々実践しながら確立している。

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。